2005年10月12日

世界の戦車博物館

123031.jpg
戦車好きに限らず、愛好家というものは実物・本物を実際に見たくなるのが性だろう。日本の戦車の場合、自衛隊国内にあるいくつかの博物館で見ることができるが、人気のあるドイツ軍戦車のなど場合は、見に行くのだけでもかなりの苦労だ。しかしながら、「いつかは見に行きたい」と思っている方、「戦車博物館とは?」と思っている方に、いくつか有名な博物館を紹介してみたい。

ボービントン戦車博物館
イギリスのロンドンにある実質的に世界最大の戦車博物館。保有するAFVの総数は250台を超える。コレクションの中心はイギリス陸軍の車両だが、第2次世界大戦中のドイツ戦車も数多く所有している。
URL:http://www.tankmuseum.org.uk/

アバディーン戦車博物館
アメリカ東海岸メリーランド州、アバディーンにある戦車博物館。屋外に白くペイントされた数々のAFVが展示されている。エレファント重駆逐戦車や台車に乗せられた128mmツインFlakなど大型のAFVから日本の戦車までコレクションが幅広い。
URL:http://www.ordmusfound.org/

ソミュール博物館
パリから電車で約2時間のソミュールにある全世界のAFVファンあこがれの戦車博物館。第1次世界大戦中の車輛から現代の車輛まで常設展示が約120台。また、実際に稼動する戦車が多数あることで有名だ。バックヤードにレストア中のを含めて約500台もの車輛を所有している。
URL:http://www.musee-des-blindes.asso.fr/

クビンカ博物館
8棟からなる展示棟で構成された巨大な兵器博物館。現用車両を含め約300両の車両が展示されている。大戦中ドイツ軍から捕獲した車両も多数あり、中でもドイツのマウス重戦車を所有している事で有名である。
URL:http://www.tankmuseum.ru/

ロシア中央軍事博物館
ロシアの首都モスクワの東北部に存在する、ロシアの軍事技術の総決算的な博物館。T34/76、T34/85をはじめとするロシア軍AFVのほとんど全てがここに展示されている。自走砲や自走ロケット発射機、現用車両も数多く所有している。

ソミュール博物館においてエンジン始動するティーガーU
tiger_pre4.jpg

posted by 戦車男 at 09:25| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(3) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦車男さん、お久しぶりです。 アーバディンの戦車博物館は、世界的に有名ですね。私は、ここにあるエレファントを1度見て見たいです。また、グビンカ博物館には旧軍の95式軽装甲車が展示してあるんですよね?
Posted by 十津川健也 at 2005年10月14日 09:43
十津川さん

こんにちは!アバディーンの博物館は確かに有名ですね。田宮模型の本格的な戦車模型の取材も、ここが最初であったと紹介されています。ただ、貴重な歴史的車両が野ざらしのままになっているのが残念です。

日本戦車に関しては、アバディーンには一式や三式などがあり、グビンカにも九五式や九七式があるそうですね。アメリカもソ連も直接戦った相手ですから、鹵獲したか調査のために持ち帰ったものでしょう。
Posted by 戦車男 at 2005年10月14日 16:23
戦車男さん、こんばんは 確かにアバーディーンの展示戦車は野ざらしにされていますよね。それは、土浦にある陸上自衛隊武器学校で展示されてある戦車についても同じです。M24軽戦車、M4A3E8シャーマン、M36戦車駆逐車など貴重な戦車が展示されてあるのに痛々しい限りです。さすがに旧軍の3式戦車と89式戦車は屋根付きの小屋で保存されていました。ですが、陸自と同じOD色に全面塗装されていたのが残念です。出来たら旧軍塗装で展示されてほしかったです。
Posted by 十津川健也 at 2005年11月26日 18:29
初めまして、こんにちは。
長年AFVファンしてましたが、
憧れ(?)の独軍戦車と実際に対面したのは、ここ1,2年のことです。

車両は4号G型(Jかな?)、場所はルーマニア。国柄ロシア戦車が多かった…
それより、18t(?)ハーフトラックの大きさに圧倒されました。4号より強そう!?
カメラ持ってなかったので残念ながら写真を撮れなかったのですが…
小火器と火砲の展示は割と充実してました。

ハバロフスクの赤軍博物館は小さいながらも
T34/85とJs3に会えたのが嬉しかった。
(尤も冬の為1/3は雪に埋もれていましたが… 寒かった T_T)
スターリンは強そうで、虎さん、豹さんも負けそう〜な感じ…そりゃあ、我旧軍は堪らんわ…
また、76mは勿論、152m砲ときたら、砲身はまるで電柱のようでした。
小火器ではモーゼルやP08やMP44が嬉しい
のですが、僕のモデルガンより造りが雑なのが
印象的でした。

また、遊びに来ます。
更新、楽しみにしています。



Posted by Hiro at 2006年03月12日 07:30
むむ、ボービントン戦車博物館がロンドンにあるんですと?
珍情報ですなあ。本当ならぜひ行ってみたいw
Posted by まめ at 2012年01月06日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8018223

この記事へのトラックバック

KANA
Excerpt: (´-`).。oO(こんにちは★
Weblog: ´-`).。oO(抱
Tracked: 2005-10-12 09:44

ボービントン戦車博物館, Tank museum Bovington
Excerpt: 1. ロンドンからボ??ビントン戦車博物館への道のり 博物館の最寄駅はWool駅です。前日に切符売り場で行きの列車の切符を買いましたが、何遍「うーる」「うゥゥーる」「うぉーる」と言っても、「Po..
Weblog: 博物館の旅
Tracked: 2006-08-19 09:00

ソーミュル戦車博物館 Saumr, Musee des Blindes
Excerpt: 1.パリより博物館への道のり 博物館,Musee des Blindesはフランスのロワール地方のソーミュルという街にあります。ロワールといえばロワールの古城巡りが最も有名ですが、古城などには目..
Weblog: 博物館の旅
Tracked: 2006-08-19 09:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。