2005年12月18日

北方領土問題についての概説

先日行った、私の所属する磐南総合研究会の勉強会で発表しました、北方領土問題についてのレジュメです。北方領土問題の経緯、日露両国の立場について、コンパクトにまとめてみました。興味がありましたらご覧ください。
02hoppou2.jpg
(北方領土を視察する小泉首相

□北方領土問題とは
◆歴史的経緯(『重光晶「北方領土」とソ連外交』時事通信社参照、以下本書からの引用)

・19C、樺太や択捉島以北の千島列島にロシア人が進出し、日本人と接触が始まる。

・1855年「日露通商友好条約」締結。択捉島以北の千島列島をロシア領とし、以南を日本領とする。樺太島に関してはとりあえず日露混住とし、後に境界線を決めることとされた。

・1875年「千島樺太交換条約」締結。樺太全島をロシア領とし、「クリル群島」すなわち占守島から得撫島までの島々は日本領とすることに合意。
※交換されたのはあくまで「クリル群島」であり、北方4島はこの時樺太と交換で領有したわけではない。

・1905年「ポーツマス条約」締結。北緯50度以南の樺太が日本に割譲された。

・1945年8月9日、ソ連対日戦に参戦。10日南樺太に侵攻、18日(停戦決定後!)千島列島に侵攻。15日の終戦後もソ連は侵略を続け、9月中に全樺太・千島列島を占領した。ちなみに日本軍が戦闘行動を中止した15日時点でソ連軍は樺太の50度線から20キロ進んだに過ぎない。占守島に上陸したソ連軍も一度撃退されており、千島列島の占領が本格化したのは日本軍の武装解除後だった。

1946年2月、「南サハリン州」を設置し、一方的に占領地域をソ連領に併合。

1951年「サンフランシスコ平和条約」締結。日本は千島列島及び南樺太を放棄することと定められたが、その帰属先は明記されなかった。さらに、「千島列島」の範囲が米英ソ日など関係主要国の間ではっきりと決められなかった。なお、ソ連は、南樺太の返還と千島列島の引渡しを要求したが認められず、これを不満としてサンフランシスコ平和条約を締結しなかった。

1956年、「日ソ共同宣言」日本は最低限度として固有の領土である4島返還を要求。しかし、ソ連は2島返還によって領土問題の解決を求めた(2島は北方領土の総面積のわずか7パーセントに過ぎない!北方4島の面積は約5000平方キロメートルであり、千葉県と同じくらいの広さがある)。日本は抑留者の問題や国連加盟の問題をこれ以上放置できなかったため、やむをえず領土問題を棚上げにして国交を回復。平和条約は結ばれていない。すなわち、日露両国は領土問題に関しては未だ戦争中である。

以降、領土問題に関して顕著な進展なし。
hoppoumap.gif
(北方領土地図)

◆「北方領土問題」ソ連(ロシア)の立場(と反駁)
ヤルタ協定における米英ソ三国での合意(南樺太の返還、千島列島の引渡しを英米ソで合意)
→少なくとも北方4島に関しては日本固有の領土であり、ソ連も参加したカイロ宣言・ポツダム宣言の領土不拡大の原則に反する。さらにサンフランシスコ平和条約2条C項(ソ連に領土が与えられることは書かれなかった)の成立により、米英のヤルタ協定における合意は取り消されたとみなされる。

・「サンフランシスコ平和条約で日本は領土を放棄した」という主張。
→帰属は決定していないし、千島列島の範囲も未確定。1954年、米国はソ連にあてた書簡の中で、「北方四島は千島列島に含まれない」と記述。それ以前にソ連はサンフランシスコ平和条約を締結していない。(p41参照)

・参戦に伴うソ連の犠牲に対する対価、日本への懲罰。
→ソ連との戦闘はわずか一週間足らずであり、大半は終戦後かすめとった領土である。加えて日本に対する参戦の理由もでっち上げの中立条約違反である。でまかせ、はったり。

・「すでにソ連のものになっているから諦めろ」という主張。ドイツにおいて東プロイセンを奪う際に、この方式が成功したため日本に対しても主張。ただし、これはドイツが分裂したため、平和条約が現実問題として結べないこと、加えて両ドイツが領土の返還要求をしていないことが根底にある。

以上が北方領土問題の経緯とそれぞれの立場である。
posted by 戦車男 at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。