2006年02月08日

ヘッツァー駆逐戦車

hetzer.jpg
はじめてこの戦車を見たときに私が感じたことは、「非常に完成度が高い、機能美を実現した戦車」という印象だった。傾斜装甲で構成された戦闘室、そして戦闘室と一体となった車体。小粒ながらも強力な印象を受けるのが本車である。

実際に、ヘッツァーのカタログ上のデータは、重量が10トン近く重いV号突撃砲に匹敵する。傾斜した前面の装甲厚は60mmあり、M4シャーマンやT34/76でも、500m以内に近づかなければ撃破することは困難だった。主砲は48口径75mm砲であり、W号戦車やV号突撃砲と同じである。最高速度は42kmで、軽快とはいえないが、当時の一般的な水準に達していた。

そもそもヘッツァーが開発されたのは、1943年の連合軍の空襲によって、V号突撃砲の生産を行っていたアルケット社が大打撃を受け、チェコのBMM社にV号突撃砲の生産の依頼が来たのが発端である。依頼を受けたものの、BMM社の設備ではV号突撃砲が生産できないことがわかったため、38(t)戦車の車台を利用した駆逐戦車を生産することが決定された。

これまでもマルダーなど、38(t)戦車の車台を利用した自走砲はあったが、ヘッツァーの場合は従来の自走砲とは大きく異なり、全高は低く抑えられ、密閉式の戦闘室に改められた。戦闘室の容積を広く使うため、大砲は前方に張り出しつつ、車体の右寄りに据え付けられた。そのために、右側に余計に850kgの重量がかかり、車体前部は10cm沈んでしまった(走行には支障はなかった)。車載機銃は車体内部からリモコン操作で発射することができる。

ヘッツァーの試作車両は1944年3月に完成し、その優れた性能から4月には量産が開始された。戦争が終結する1945年3月までにヘッツァーは約2800両が生産された。長年来使用してきた38(t)戦車の車台であったので稼働率も高く、ヘッツァーは後期ドイツ軍の装甲戦力の一翼を担ったのである。戦後もチェコやスイスでヘッツァーがしばらく利用された。

ヘッツァーの弱点は、カタログ上には出ない点でいくつかあった。もっとも重大なものは、車体が狭くて戦車を操作する上で、ほかの戦車に比べ多くの点で困難があったということであった。車体が狭いため、砲の装填にはV号突撃砲の約2倍の時間がかかる。出口も、後部に1ヵ所しかなく、居住環境は最悪であった。

しかし、以上のような弱点を配慮に入れても、ヘッツァーが優れた駆逐戦車であったことは間違いないだろう。

posted by 戦車男 at 15:15| 東京 ☀| Comment(44) | TrackBack(10) | 戦車図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。