2005年12月15日

ハーフトラックA

調達本部さん、十津川さんより興味深いコメントがあったので、それに答えつつ、前回書ききれなかった点を補って今回の記事にしたいと思う。

まず、主なハーフトラック利用国であるドイツとアメリカの比較をしてみたい。垂直面で構成された簡素なM3と、ハンドルに連動してキャタピラの制動がなされる、凝った構造のドイツのハーフトラックでは、確かに「質」と運用の思想に大きな違いがあったと思う。

アメリカの場合は、当初は弾薬輸送、後に兵員輸送を目的として開発された。そのため、ある程度の装甲と不整地行動力をハーフトラックに求めたであろうが、とにかく機甲師団、歩兵師団にかかわらず配備するため、大量にそろえることが前提であった。それゆえ性能が凡庸でも、単純な構造で生産性の高い車両に仕上げたのであると思う。

ドイツの場合は、調達本部さんのコメントの指摘にあるように、機甲師団の兵員輸送や弾薬運搬、砲の牽引を目的に開発されたため、戦車などの追随可能な、路外での不整地機動力が求められた。それゆえ、性能向上のため、エンジン・操縦装置・キャタピラ(路上での行動力向上のためゴムパッドがつけられた)・車体構造が複雑になったのだろう。もちろん、効率を考えないドイツ的な機械へのこ「こだわり」が影響したのはいうまでもないだろう。これは、ティーガー戦車マウス80cm列車砲グスタフなどに見られるし、ポルシェ博士などはその権化である。

アメリカの場合、大量生産の方針はおおむね成功を収めたといえるが、やはり路外での機動力、そして市街戦などでの防御力が不足で問題視された。それゆえ戦後に、前線での兵員輸送は防御力・機動力の高い密閉式のキャタピラ車になり、後方での輸送は軽快な装輪車になったのであろう。中途半端なハーフトラックに両方の任務を行わせるより、それぞれの任務に特化した車両を使う方が効率的である。

ドイツの場合は、機甲師団とその他の部隊とでハーフトラックの種類が分かれていたといえるが、いずれも構造が複雑で量産に向かない。慢性的な輸送力不足であったことを考えれば、性能が高くて複雑な構造の車両を使うよりも、とにかく数をそろえることが重要であったのではないだろうか。特に輸送車両の場合は、戦闘に直接関係ないので、数が一番優先されるはずだ。例えば10両の97式中戦車は1両の90式戦車に勝つことはできないが、10両のジープは1両のハマーに輸送量で勝つことができるのだ。
posted by 戦車男 at 16:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーフトラックA

調達本部さん、十津川さんより興味深いコメントがあったので、それに答えつつ、前回書ききれなかった点を補って今回の記事にしたいと思う。

まず、主なハーフトラック利用国であるドイツとアメリカの比較をしてみたい。垂直面で構成された簡素なM3と、ハンドルに連動してキャタピラの制動がなされる、凝った構造のドイツのハーフトラックでは、確かに「質」と運用の思想に大きな違いがあったと思う。

アメリカの場合は、当初は弾薬輸送、後に兵員輸送を目的として開発された。そのため、ある程度の装甲と不整地行動力をハーフトラックに求めたであろうが、とにかく機甲師団、歩兵師団にかかわらず配備するため、大量にそろえることが前提であった。それゆえ性能が凡庸でも、単純な構造で生産性の高い車両に仕上げたのであると思う。

ドイツの場合は、調達本部さんのコメントの指摘にあるように、機甲師団の兵員輸送や弾薬運搬、砲の牽引を目的に開発されたため、戦車などの追随可能な、路外での不整地機動力が求められた。それゆえ、性能向上のため、エンジン・操縦装置・キャタピラ(路上での行動力向上のためゴムパッドがつけられた)・車体構造が複雑になったのだろう。もちろん、効率を考えないドイツ的な機械へのこ「こだわり」が影響したのはいうまでもないだろう。これは、ティーガー戦車マウス80cm列車砲グスタフなどに見られるし、ポルシェ博士などはその権化である。

アメリカの場合、大量生産の方針はおおむね成功を収めたといえるが、やはり路外での機動力、そして市街戦などでの防御力が不足で問題視された。それゆえ戦後に、前線での兵員輸送は防御力・機動力の高い密閉式のキャタピラ車になり、後方での輸送は軽快な装輪車になったのであろう。中途半端なハーフトラックに両方の任務を行わせるより、それぞれの任務に特化した車両を使う方が効率的である。

ドイツの場合は、機甲師団とその他の部隊とでハーフトラックの種類が分かれていたといえるが、いずれも構造が複雑で量産に向かない。慢性的な輸送力不足であったことを考えれば、性能が高くて複雑な構造の車両を使うよりも、とにかく数をそろえることが重要であったのではないだろうか。特に輸送車両の場合は、戦闘に直接関係ないので、数が一番優先されるはずだ。例えば10両の97式中戦車は1両の90式戦車に勝つことはできないが、10両のジープは1両のハマーに輸送量で勝つことができるのだ。
posted by 戦車男 at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。