2005年12月13日

ハーフトラック

(ドイツ・8トンハーフトラック)
i-breda.jpg
近代戦はある一面を捉えれば「輸送の戦い」である。近代戦に使われるさまざまな兵器を支えるためには、さまざまな物資が必要である。たとえば戦車の場合には、燃料・オイル・主砲弾・機関銃の弾・整備のための各種部品などが恒常的に必要である。第二次世界大戦では、日本軍は海上輸送をアメリカ潜水艦・航空機に断絶させられ極度な物資不足・食糧難に直面した。ドイツ軍は1941年のバルバロッサ作戦に際して電撃的な進撃を見せたが、補給が間に合わないがためにモスクワを前にして一ヶ月足踏みをしなければならなかった。以上のような例に見られるように、「補給」とは近代戦において非常に重要な要素であることに違いない。

今回の記事では、前線において砲弾や人員の輸送に従事した「ハーフトラック」という、現在では見られない第二次世界大戦固有の車両についてみてみたいと思う。

ハーフトラックとは、車体前部がタイヤ、後部がキャタピラの折衷車両である。不整地での機動力を向上させつつ、ある程度の高速走行能力を持たせ、さらにキャタピラ車より安く製作するという構想で開発された。私がはじめて「ハーフトラック」を知ったとき、私は「半分トラック(貨物車)」という意味だと思っていた。しかし、「トラック(無限軌道・キャタピラ)」という意味なので、皆さんご存知とは思うがご注意を。

ハーフトラックを主に採用した国はドイツとアメリカである。ドイツではSd.Kfz250やSd.Kfz251、2トン、8トン、18トンの各種サイズのハーフトラックが有名である。バイクとキャタピラをくっつけたケッテンクラートという面白いう車両もある。(ちなみに、18トンハーフトラックはティーガー戦車の牽引に使われた)総生産数は25000両程度といわれている。アメリカはM2、M3ハーフトラックが主で約60000両が生産され、ソ連にもかなりの数がレンドリースで提供された。

戦場での評価は非常に高く、他のキャタピラ車である戦車や自走砲などとともに行動が可能な、不整地での追随性が評価されている。加えて牽引力の高さから、ハーフトラックは大砲の牽引車としての役割も果たしてきた。さらにいえば、ハーフトラックは各種特殊車両のベースとしても活用された。高射砲を積んだ対空車両や、ロケットや野砲、迫撃砲を積んだ火力支援車両、対戦車砲を積んだ対戦車車両、偵察車両、戦闘指揮車両などさまざまな派生車両が作られてきた。
(アメリカ・M3ハーフトラック)
M3-2.jpg

このように隆盛を極めたハーフトラックではあったが、戦後急激に衰退し、今では絶滅してしまった(と思う)。その要因としては2つの点が考えられる。装輪車、キャタピラ車の性能がともに向上(特にキャタピラ車)し、その両者のうまみを採ったハーフトラックの存在意義が薄れたという点。もうひとつは、歩兵に対する防御向上が要求から、前線での歩兵輸送用の車両がキャタピラ車に切り替えられたということである。

初めてハーフトラックを知ったとき、私は非常に効率的な車両であるなと感心したものなのだが、結局はつぎはぎの中途半端な車両だったのだろうか。なんとなく納得できないものがある。
(ドイツ・ケッテンクラート)
M3-2.jpg

posted by 戦車男 at 12:12| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。