2005年12月07日

日本軍戦車、どうすれば連合軍戦車に対抗できたか?

旧日本軍の戦車に対する評価というものは、日本海軍の機動隊・水雷部隊などの華々しい戦いや、航空隊の活躍に比較するとすこぶる悪いものがある。その原因、背景などについては、以前の記事「旧日本軍戦車に対する一方的断罪を斬る」で多少触れたが、今回の記事ではもう一歩踏み込んで「いかにしたら連合軍(アメリカ)戦車に対抗できたか」ということを考えてみたいと思う。

まず、考察の対象とすべき連合軍(アメリカ)の戦車はM4シャーマンであろう。日本軍はこのシャーマンを「鬼戦車」と呼び、その撃破は、日本軍にとって非常に困難であった。戦車砲や速射砲による待ち伏せでの近接射撃。地雷や梱包爆薬、火炎瓶などを抱えた歩兵による肉薄攻撃などが攻撃の手段であったが、慢性的に重火器が不足していた日本軍では後者が主にならざるを得なかった。戦車に対する攻撃手段が欠如していたがために、有為な若者たちが無謀な攻撃で徒に命を失っていたのである。このことは大いに反省しなければならない。

対抗策として、第一に考えられるのは戦車の強化である。日本軍は47mm砲を搭載した97式中戦車改、1式中戦車を開発するが、シャーマンに対してはあまりにも威力不足であった。そこで、当時のスタンダードであった75mm砲を搭載した3式中戦車が開発されるが、その登場はあまりにも遅すぎかつ数が少なすぎた。4式・5式も開発されたが、実践投入にはまだまだ時間がかかった。以上を見るように、戦車の開発・改良が遅れたという点を考慮しても、新型戦車の投入には、当時の日本の技術ではかなりの時間がかかるということがわかる。戦車で対抗できないとすればどうすればよいのか。同じ戦車弱小国のイタリアに参考となる例がある
(97式中戦車)
97ョ中戦ヤ個体.jpg

すなわち、自走砲の利用である。以前の記事でも紹介したように、自走砲は車体に直接砲をつむため、戦車に比べて大型の砲を搭載することができるし、既存の戦車の車台を流用すればいいので生産も容易である

第二次世界大戦時のイタリア軍の主力戦車はM13 40中戦車であった。この戦車の性能は、32口径47mm砲、装甲厚6〜40mm、重量13.7トン、最高時速30kmで、日本軍の主力である97式中戦車18口径57mm砲、装甲圧10〜25mm、重量15トン、最高時速38kmと同レベルであった。イタリアのM13戦車は北アフリカの戦いでイギリスのクルセーダーやアメリカのシャーマンにコテンパンにやられ、何とか対抗しなくてはならなかった。そこでイタリア軍が考えたのは、貧弱なM13の車台に強力な75mm砲を搭載したセモベンテ自走砲なのである。
(M13 40中戦車)
ハ真m13-40.jpg
(セモベンテ自走砲 改良型)
it_m43.jpg

セモベンテ自走砲はその攻撃力と防御力で連合軍の戦車に対して善戦し、イタリア兵から高い評価を得ていた。さらにイタリアが敗戦してから後も、ドイツ軍の占領地域でその評価ゆえ生産が続けられたのである。日本も確かに自走砲を開発していたが、本格的な対戦車用で背の低い密閉式の、いわゆる「駆逐戦車」はついに開発しなかった。97式戦車の車台に、3式戦車に搭載された90式野砲をのせて、駆逐戦車を製作するのが、手っ取り早い対抗策になるのではないかと私は強く思うのであるがいかがだろうか。それであれば、1942年の早い段階で開発・製作が完了し、連合軍の反攻作戦が本格化する1944年には、各島嶼に配備が完了できたのではないかと考えている。少なくともフィリピン・沖縄で活躍はできただろう。

もうひとつの対抗策は、歩兵の携行兵器、すなわちパンツァーファーストである1942年にドイツで開発されたパンツァーファーストのノイマン効果(弾頭に火薬をすべてつめるのではなく、あえて先端に空間を設けることで火力集中させ威力を数倍に高める)原理は日本でも研究され夕弾などに応用されていた。ドイツと同盟関係にあったのであれば、その威力は明らかに伝わっていただろうし、開発技術も容易に提供されただろう。

パンツァーファストは、ドイツで大量に生産され、小銃すら足りない中でもふんだんに供給され続けた簡便な兵器である。1945年のベルリンをめぐる攻防で、ソ連はおよそ3000両の戦車を失ったといわれているが、その大半はパンツァーファーストによって撃破されている。生産の容易性、そして実際の威力の点から積極的に導入すべきであっただろうと考えている。ジャングルや険しい地形の多い南方では、近接戦闘をいとわない日本軍の性格も相乗して、大きな戦果をもたらしたであろうと思う。

以上の2点が現実的な対抗策であると思うのだがいかがだろうか?
posted by 戦車男 at 16:17| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。